「7年」に込められた創業者の想い

1872年、バランタインの創業者であり初代マスターブレンダーのジョージ・バランタインは、自社のウイスキーに「熟成年数」を表記したウイスキーを初めて世に送り出しました。

それが「7年」。

まだウイスキーに熟成年数の表記をすることが主流ではなかった時代における挑戦の証であり、「17年」「21年」などのAgedシリーズの元祖ともいえる存在、それがバランタイン7年なのです。

BALLANTINE’S AGED 7 YEARS STORY

バーボンフィニッシュ製法

7年以上オーク樽で熟成させた厳選モルト原酒を、更に半年以上バーボン樽で後熟させる「7年」独自のこだわり製法。
スコッチらしい端正な熟成感と、バーボン樽由来の芳醇で甘やかな香りの絶妙なバランスをお愉しみください。

THE FINISH IN BOURBON BARRELS

バランタイン『7年』の特別な意味

BRAND MOVIE

バランタイン 7年

色合い
暖かさを感じる黄金色
香り
蜂蜜やバニラを思わせる芳醇な甘さ
味わい
熟した赤リンゴや洋ナシを思わせる熟成感
フィニッシュ
長く続く芳醇で甘やかな余韻
容量
700ml
アルコール度数
40度
希望小売価格
2,100円

※価格は販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。
※記載の価格は消費税別の価格です。

BALLANTINE’S AGED 7 YEARS INFORMATION