SINGLE MALT SCOTCH WHISKIES FROM Ballantine's

SINGLE MALT SCOTCH WHISKIES FROM Ballantine's

世界を魅了するバランタイン。そのキーモルトを、シングルモルトウイスキーとして限定発売。世界を魅了するバランタイン。そのキーモルトを、シングルモルトウイスキーとして限定発売。

Ballantine's バランタインシングルモルト グレンバーギー 15年
ミルトンダフ 15年

2018年1月23日(火)限定発売

スコッチウイスキーの王道と形容されるバランタインで使われるキーモルトのうち、味わいを決定づけている「グレンバーギー」「ミルトンダフ」を商品化しました。それは、バランタインとしてはじめてのシングルモルト。

熟成の際には、通常のブレンドに用いられる2〜3回使用された樽とは異なり、一度も熟成に使用されていないファーストフィルのアメリカンオーク樽を使用。シングルモルトとして最適な品質管理のもと15年熟成させた逸品です。

Single Malts シングルモルト

keymalt キーモルト

ブレンデッドウイスキーの構造

ブレンデッドウイスキーは、基盤となるグレーン原酒とウイスキーの香りや味わいを決めるモルト原酒がブレンドされます。バランタイン17年では40種を超えるモルト原酒を使用し、「スキャパ」「ミルトンダフ」「グレンバーギー」「グレントファーズ」の4つのキーモルトを重視。歴代5人のマスターブレンダーに受け継がれる絶妙なブレンド技術で、複雑かつ重層的な香り・味わい・余韻を実現しています。

【ブレンデッドウイスキーの構成要素】 【グレーン原酒】モルト原酒を際立たせ、複雑さを与えるベース 【モルト原酒】 【キーモルト】 香り・味わいの中核として 個性を作り出す バランタイン17年のキーモルト スキャパ ミルトンダフ グレンバーギー グレントファーズ

バランタイン17年のキーモルトの役割

「スキャパ」による果実や花のような香り。「ミルトンダフ」の力強いしっかりとした基礎ボディー。「グレンバーギー」のフルーティーでスウィートな香り。そして「グレントファーズ」のベリーやナッツを思わせる滑らかで繊細な後味。この幾重にも重なる味わいによって、スコッチの王道と呼ばれるバランタインらしい個性が形成されます。

  • First 【味わいの第一印象】スキャパ
  • Second 【味わいの最初の山場】ミルトンダフ
  • Third 【味わいの2番目の山場】グレンバーギー
  • Fourth 【味わいの締め】グレントファーズ
飲み始め→フィニッシュ

Distillery 蒸溜所

GLENBURGIE MILTONDUFF

Line Up ラインナップ